綺麗な水を飲むために

綺麗な水を飲むためにすべき事

水が綺麗な川で育まれる恩恵

水が綺麗な川では豊かな生態系が育まれ、全体的な環境も素晴らしい状態になります。堤内で暮らす人間にとっては、豊かな資源を利用できることになるため、他の生き物と共存できる環境になるわけです。整った環境を維持するためには、水が綺麗な川を作るための努力として、家庭から汚れたものを流さないことが重要です。護岸には蛇籠を使うなどして、様々な生き物や植物が住みやすい環境を作ることも行われています。さらには、河床勾配の特性に応じて設備の維持を進めながら、経済性と自然保護を両立させるための努力を行うことも大切です。

綺麗な水は大自然からの贈り物

水が綺麗になるためには、大変に長い年月を要するものですから、一度でも汚してしまうと大変なことになります。地層によって性質は異なりますが、石灰岩などの地質の環境下でミネラルを豊富にしながら、やがては崖下から綺麗な水が湧き出すようになるわけです。実際に利用しているものは、雨として地上に降り注いでからは、礫層などを通過して濾過されているのも特徴です。自噴している場所では、清らかな状態になることから、魚が住みやすい環境になることも特徴です。地形的な美しさでは、太古の地層から湧き出る状態も見事なもので、大自然の偉大さを感じることもできます。

新着情報

↑PAGE TOP